始め方記事まとめ

裁量トレードと自動売買はどっちが良いの?メリットデメリットをまとめて解説!

FX自動売買でおこづかい程度の収入を得ています。ろんです。

僕がFXで受ける相談の中で非常に多い質問の1つがこれ

男性トレーダー
男性トレーダー
裁量トレードと自動売買どっちが良いですか?

ぶっちゃけどっちでも良いんですが、個人的な答えは出ていて

ろん

FXが大好きすぎてしょうがない人は裁量トレード
そうでない人は自動売買が良いと思うよ!

と答えています

でもこれは人によって答えが違うと思います

それぞれメリットとデメリットをまとめていきながら、あなた自身がどちらに向いているタイプなのか参考にしてもらえたらなと思います

ろん

ちなみに僕は、1日中チャートを見ているのがしんどいタイプなので
自動売買をしているよ!

裁量トレードと自動売買どちらにもメリット・デメリットがある

どちらが正解ということはなく、それぞれに得意・不得意があります

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう

裁量トレードのメリット・デメリット

ここで言う裁量トレードは
「チャートに張り付いてトレードしている人」のこととします

裁量トレードのメリット

裁量トレードのメリットは唯一これ

「すぐに対応できる」

という点です

「当たり前じゃん!」と思うかもですが、FX上級者になるとこれは非常に大きいです

  • 短期足でトレンド転換した!
  • 今の相場では損切りしておいた方がいい!
  • 経験上、ここはピラミッティングも有りだな!

こういった瞬時の判断は、自動売買ではできないです

正確に言うと、凄腕のプログラミングスキルが必要です

FXで億トレーダーとなった与沢翼さんはこんなことを言っていました

「短期的に上がるか下がるかは誰にもわからない,,,でも有利な位置でトレードできる型はある」

続けていく上で上達すると「お宝トレード」なんてのも発掘できる

相場眼を直で感じながらできるのは裁量トレードの特権です

そしてトレンドに乗っかりやすいのも良いところです
最近ではコロナ相場で大きく取れている人もいるのではないでしょうか

ろん

経験値が豊富なトレーダーは裁量の方が稼げることが多いよ!

裁量トレードのデメリット

裁量トレードのデメリットは総じて

「欲や感情に左右される」

です

メリットにあげた「すぐ対応できる」が返って逆効果をもたらす場面が非常に多いです

初心者〜中級者が感覚でトレードしているときは確実に
「期待値がマイナスの場面でトレード」
していると言って良いでしょう

ましてや資金管理などをおこなわず、大きい金額を張っていたら一瞬で資産が吹き飛ぶ可能性が高いです

ろん

僕は証拠金すべて吹っ飛ばしたことがあるから
相場眼がつくまで裁量トレードは封印しているよ!

資産を吹き飛ばしては「継続」どころか「退場」になってしまいます

初心者には特に厳しいハードルと言えるでしょう

裁量トレードに向いている人はこんな人

とはいえ、裁量トレードに向いている人もいます

例えばこんな人

  • 三度の飯よりFXが好きな人
  • 情報処理能力に優れた人
  • 感情のコントロールが完璧にできる人

FXを極めた人は自動売買より効率よく稼げるようです

実際、裁量トレーダーから自動売買に切り替えたとあるトレーダーHさんも
「裁量の方が稼げていたし、稼ぐ自信もある」とおっしゃっています

自動売買メリット・デメリット

ここで言う自動売買は
「プログラムで自動的に売買している人」とします

自動売買のメリット

自動売買のメリットは正直めちゃくちゃあります

ざっくりあげると

  • プロの自動売買アルゴリズムで取引ができる
  • ルール通りに取引されるので期待値がほぼそのまま取れる
  • 欲や感情によって左右されない
  • 24時間寝ている時も稼働してくれる
  • 精神的な負荷が軽く継続しやすい
  • ロジックの勉強としても使える

etc…

まだまだありますが

もっと知りたいよ〜!という方は
自動売買をおすすめしている詳細記事はこちらを参考にしてください

自動売買のデメリット

とはいえデメリットも存在します

ざっくり2点

  • 設定から稼働までが難しい
  • コストがかかる

設定から稼働までが難しい(MT4)

MT4で自動売買をやってみたい人は、ほぼ全員つまづく問題です

少し敷居は高いですが、
筆者の個人的なおすすめはMT4での自動売買です

MT4で自動売買を始めたい方はこちらの記事を参考にしてください

コストがかかる

機械に働いてもらっている分と考えていただいても良いのですが

  • 自動売買による手数料(スプレッド)がかかる
  • ネット環境の設備費(人によります)
  • EAの購入

これらのコストがかかります
ですが最初はできる限り抑えて大丈夫です

・自動売買による手数料→最安の口座を選ぶ
・ネット環境の設備費→VPSサーバーなどの契約はお試しから
・EAの購入→なるべく安価で利用できるものから(自分で作ってしまってもOK)

自動売買に向いている人はこんな人

自動売買に向いているのは

  • 多忙で時間が取れない人
  • 統計・確率が好きな人
  • FX初心者〜中級者の人

特に
「企業勤めのサラリーマン」
「子持ち家庭の妻」
の方なんかは時間的制約もあったりするのでおすすめです

性格面では
論理的に物事を捉えられることが好きな人は自動売買に向いていると言えます

裁量トレードも自動売買もやってはいけない人

ここまで読んでいただいて恐縮ではありますが
上記どちらのトレードもやってはいけない人がいます

以下の項目に当てはまる人はトレード自体をやめておくのが賢明な判断だと言えます

  • 向上心のない人
  • 経営者思考を持てない人
  • 感情のコントロールが効かない人

順に解説します

向上心のない人

野球始めたての人がいきなりメジャーリーガーになれるはずないのと同じように
裁量トレードも自動売買も、研究して地道に上達するのが必須です

それには日々向上心を持っている必要があります

経営者思考を持っていない人

個人トレーダーではさまざまな目線から物事を把握できる人が有利だったりします

例えば…

  • 心理的目線:このような場面では大衆が買いたがる傾向にあるから大口が売りで仕掛けてくるだろう
  • 統計的目線:このような資金管理をすれば期待値から1年で100万の利益をあげられる可能性が8割だな

など、あらゆる場面で経営者思考でトレードを考える必要が出てきます

感情のコントロールが効かない人

これができない人にとって、FXはただのギャンブルと化します

裁量トレードでは特に起こりがちですが、自動売買でも

男性トレーダー
男性トレーダー
3日経った成果がマイナスだから違うEAにしよう!
女性トレーダー
女性トレーダー
3日経った成果がマイナスだから取り戻すためにロットを上げよう

こんな考えを持ってしまうと結局同じです

資金をあっという間に溶かしてしまう可能性が非常に高いので、注意しましょう

結論:継続できるスタイルを選ぼう!

この質問をしてくる方は

「これから始めたいけど失敗したくない」

みたいな方が多いように思います

ですが、誰しも最初は自転車に乗れなかったように確実に失敗は訪れます

その際、青アザ程度の小さい失敗なら徐々に上達していきます

交通事故のような回復不能な失敗はしないようにしましょう!

筆者は小さく失敗してプロの手法を学べる「自動売買で始めること」をおすすめしています

とはいえ、裁量トレーダーにもしっかり稼げている人はいるので、明確な正解は

「あなたが決めたトレードを追求すること」

です

自分にとってしっくりくる方法を、ぜひ何度も「失敗」しながら見つけていって欲しいなと思います

今回はこんな感じで!!!

ばいば〜い

FX自動売買の始め方記事はこちら

FX自動売買の始め方を完全解説!|初心者でも収入を得られる仕組みを作ろう!

ABOUT ME
ろん
FX1年6ヶ月目の初心者トレーダー。 2021年9月の収益は1万円ほど。 FX自動売買を始めたい方向けに発信しています