稼ぎ方記事まとめ

検証効率10倍以上!MT4のEA最適化方法を初心者にもわかりやすく解説!

男性トレーダー

バックテストはできたけど最適化ができない

女性トレーダー

最適なパラメーターを知りたい!

と悩んでいるあなたに

この記事では
  • 具体的な最適化方法を
  • 画像付きで
  • 中学生でもわかるように

解説します!

ろん

僕はこれまでに最適化で10,000種類以上のロジックを検証しているよ!

最適化をすることで検証効率がグググッと上がるので身につけておきましょう!

この記事で解説すること
  1. 検証したいパラメーターを決める
  2. パラメーターを設定
  3. 最適化
  4. 最適化レポートのチェック

バックテストを効率よくやりたい方は見ておいて損はないです!

最適化とは

【最適化とは】
バックテストのあるパラメーターの最適はどれか?を検証することです

例えば…
①損切り位置をいろんな値で調べたい!
②短期移動平均線をいろんな値で調べたい!
③RSIをいろんな値で調べたい!
みたいな感じです

最適化ができると検証効率が数十倍になります

最適化するまでの前提条件

前もって

  1. MT4を導入している→MT4を導入したい方はこちら
  2. バックテストはできている→バックテスト方法がわからない方はこちら
  3. 最適なパラメーターを調べたい

の条件が全て揃っている方向けです

最適化したい値が1つの場合

今回最適化するロジックはこちら

検証したい部分を決める

まずは最適化したい部分を決めましょう!

とりあえずロスカットから調べてみます!

今回は、ロスカット位置を

  • 10〜200pips
  • 5pips間隔

計39通りで調べてみます

パラメーターを設定

まずは「エキスパート設定」をクリック

テスト設定

「テスト設定」は下記のように設定します

  1. 資金が枯渇しないようなるべく初期資金を多くする
  2. 「JPY」表示はないので手入力で
  3. 遺伝的アルゴリズムはチェックがついていないのでつける

パラメーターの入力

「パラメーターの入力」は以下のように設定

  • 購入したEAなどは、値が変更できない場合があります

最適化

「最適化」はいじらなくてOK!

最適化スタート

設定が終わったら最適化を実行しましょう!

「テスター」を確認

ちなみに

「期間を指定」→2011/01/01〜2020/12/31
「期間」→M30=30分足
「スプレッド」→10=1.0pips

設定し終えたら「スタート」をクリック

この間は何していてもOK!

10年間×39種類のバックテストを約1時間で検証することができました!

最適化レポートのチェック

最適化レポートからわかったことや考察を書き出してみましょう!

10〜200pips(5pips間隔)の最適化
最適化グラフ
最適化レポート

【わかったこと】
・どの値でも勝ち越している
・20〜70pipsぐらいの損切り幅がより優位性がある
・損切り幅が狭すぎても広すぎてもいけない

【考察】
・どの値でも勝ち越しているので優位性はありそう

こんな感じでメモしておきましょう!

また、最適化したあと

右クリック→「すべてコピー」で

Numbersなどのアプリに「ペースト」すると

データの保存や分析に最適です

今回の結果では、プロフィットファクタが1番高い

損切り幅:25pips

で引き続き検証してみようと思います

最適化したい値が2つ以上の場合

検証したい部分が2ヶ所以上あっても最適化は可能です

今回は2ヶ所でやってみます!
以下の手順で試してみましょう!

検証したい部分を決める

2ヶ所の検証イメージは

こんな感じ

移動平均線の値を

  • 25SMA→10・15・20・25・30・35・40の値で
  • 75SMA→50・75・100・125・150・175・200の値で

計49通りで調べてみます

パラメーターを設定

まずは「エキスパート設定」をクリック

テスト設定

「テスト設定」も1箇所のときと同じです

  1. 資金が枯渇しないようなるべく初期資金を多くする
  2. 「JPY」表示はないので手入力で
  3. 遺伝的アルゴリズムはチェックがついていないのでつける

パラメーターの入力

パラメーターの入力を変えてやりましょう!

損切り幅を25pipsでやってみます

  • 購入したEAなどは、値が変更できない場合があります

最適化

「最適化」はいじらなくてOK!

最適化スタート

設定が終わったら最適化を実行しましょう!

「テスター」を確認

ちなみに

「期間を指定」→2011/01/01〜2020/12/31
「期間」→M30=30分足
「スプレッド」→10=1.0pips

設定し終えたら「スタート」をクリック

この間は何していてもOK!

10年間×49種類のバックテストを1時間弱で検証することができました!

最適化レポートのチェック

最適化が終わったらレポートを見てみましょう!

移動平均線の最適化
最適化グラフ
最適化レポート

グラフ上で右クリック→「2Dサーフェス」をクリックすると

濃いところ→良い結果
薄いところ→悪い結果
をグラフで見ることができます!

【わかったこと】
・短期移動平均線は20〜25&長期移動平均線は50〜75で優位性がある
・49通りのうち1通りでしか負け越しはない

【考察】
・幅を1ずつなど、さらにブラッシュアップしてもいいと思った
・良いあんばいでトレードすることが大事

まとめ:最適化で勝ちトレーダーに近づこう!

最適化の手順は

  1. 検証したいパラメーターを決める
  2. パラメーターの設定
  3. 最適化
  4. 最適化のレポートチェック

最適化ができるかできないかで検証の効率が圧倒的に変わってきます

バックテストができたら最適化はセットで覚えましょう!

この記事を見て参考になった方は

Twitter:@muroronchannel1のDMで感想などいただけると今後の励みになります

また、当ブログでは
FX自動売買の始め方
FX自動売買で月平均1万円を稼ぐまで
を体系立てて発信しています

稼ぐまでの参考にしていただけたら幸いです

今日が1番若い日です

FX自動売買で稼げた暁にはみなさまとドバイに行きたいと思っております!

この記事が勝ちトレーダーになるためのヒントになれば幸いです

今回はこのへんで!

では!

FX自動売買の稼ぎ方記事はこちら

FX自動売買の稼ぎ方講座|初心者でも月平均1万を目指す運用までの5ステップ!

ABOUT ME
ろん
FX1年7ヶ月目のトレーダー。 2021年10月の収益は12万円ほど。 FX自動売買を始めたい方向けに発信しています